投資信託

投資信託運営の仕組みを解説!メリットとデメリット

投資信託の運営の仕組みを知っていますか?

この記事では、投資信託の基礎知識を、ご紹介していきます。

メリットとデメリットが見えてくることで、より効率的な投資信託の運用を実現することができるでしょう。

投資信託運営の仕組み!どうやって運用されているの?

投資信託とはどのような商品なのでしょうか。まずは、基本的な知識から、運営の仕組みまでお伝えします。

投資信託とは

投資信託とは、資産運用をプロに任せるタイプの金融商品です。投資信託を購入したお金は、他の投資家からのお金と合わせて、株や債券などに振り分けて投資されていきます。その具体的な投資先や投資方法を判断するのが、ファンドマネージャーと呼ばれるプロの運用者です。

投資信託には様々な種類の商品があります。投資先の国や地域、投資テーマ、運用対象、手法、期間などが、異なった条件で運用されているのです。そのため投資信託の価格は、商品ごとに全て異なる動きをしています。様々な投資信託を見比べて、より運用成績がよい商品を購入することが、効果的に利益をあげる手段の1つです。

投資信託運営の仕組み

続いて、投資信託がどのように運用されているのか、その仕組みをご紹介します。

販売会社の役割

販売会社には、投資家と直接やり取りを行う役割があります。販売会社では主に、購入手続き、精算金の支払い、分配金の受け取り、解約手続き、償還手続きなどを行うことができます。言うなれば、投資信託の取引における窓口となるような存在です。

銀行や証券会社が、主な販売会社として挙げられます。店舗の他に、インターネットでも取引が可能です。注意しておきたいのは、販売会社ごとに、取扱商品の種類と手数料が異なることです。手数料に関しては、同じ商品だとしても販売会社によって異なる料率が設定されていることがあります。

運用会社の役割

運用会社には、投資信託の運用を行う役割があります。投資家から集めたお金は、実質的には運用会社で運用されています。ファンドマネージャーが、商品ごとに定めた方針をベースに運用の判断をします。どの資産へどの配分で投資するのか、いつ買っていつ売るのかをいう細かい決定も下していきます。

このように、運用会社は投資信託の運用判断をするのですが、実際にお金の管理をしているのは、次にご紹介する信託銀行です。運用会社は、運用を信託銀行へ指図することによって、資金を動かすことができるのです。つまり運用会社は、投資家からの資金を実際に預かっているわけではないので、万が一破綻した場合でも、投資家の資金は保護されます。

信託銀行の役割

信託銀行には、資金を管理する役割があります。自らの判断ではなく、運用会社からの指図に則って、実際の資金移動を行います。つまり投資家からの資金は、信託銀行で別管理されているのです。

安心ポイント
どの機関がつぶれても資産は守られる!

投資信託のメリットとデメリット

ここまで、投資信託運営の仕組みをご紹介しました。ここからは、それを踏まえた上で、投資信託のメリットとデメリットについて考えます。より効果的な投資信託の運用が可能になるでしょう。

投資信託のメリット

投資信託のメリットは、運用会社に在籍するプロに、運用を任せられる点にあります。また、複数の投資家から少額ずつ集めた資金を、様々な資産に分散投資しているので、リスクを抑えた運用が可能な点もメリットです。

・プロによる運用が自動でできる
・少額から投資ができる
・様々な資産に分散して投資ができる
・投資の商品は、審査で選ばれた商品なので安心感がある

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットは、手数料がかかる点にあります。投資信託には、商品ごとに購入時手数料、信託報酬、解約手数料、信託財産留保額といった手数料が定められています。様々な商品を比較して、より手数料が割安なものを選ぶようにしましょう。中には、手数料がほとんどかからない商品も存在します。

また、運用先は株や債券などのリスクがある商品のため、投資信託の価格も変動する点も、デメリットです。購入時より解約時の価格が下回った場合は、損失が生じることがあります。しかし、安く買って高く売ることができれば、その分がもうけとなります。

・コストがかかる
・価格が変動するリスク(元本は保証されない)

投資信託運営の仕組みまとめ

投資信託運営の仕組みは理解できましたか?投資信託とは、そもそもどんな金融商品なのかもご説明しました。仕組みを理解した上で、メリットとデメリットを確認することで、効果的な運用が可能になります。是非この記事を、理解するまで繰り返し読んで、効果的な投資信託の運用を目指してみてください。