投資信託

投資信託のリスクとは?メリットデメリットを知りリスクを減らす

投資信託のリスクには、どのようなものがあるか知っていますか?初心者でも気軽に投資できる投資信託には、株式投資とは異なった魅力があります。

メリットとデメリットを知ることで、リスクを抑えた運用が可能です。

ここでは、投資信託のリスク、メリットとデメリットをご説明し、リスクを抑えた運用の方法をご紹介していきます

投資信託のリスクって?リスクリターンと元本の関係

そもそも、運用におけるリスクとは、「価格の振れ幅の大きさ」のことを指します。投資信託を購入した場合、その元本は常に変動し、保証はありません。しかし、商品によって、価格の変動幅は異なっています。これが、リスクリターンの違いと呼ばれるのです。下記に、リスクリターンのイメージを表していますので、参考にしてください。

投資信託のリスク一覧

投資信託には、主に4つのリスクが内在します。これら一つひとつについて、ご説明していきます。

価格変動リスク

投資信託は、株や債券を対象に運用されているので、日々価格が変動します。購入時と比べて、株や債券の価格が下落した場合には、保有している投資信託の評価額が損失になる可能性もあります。

為替変動リスク

海外の資産に投資している商品の場合、為替変動によるリスクがあります。アメリカ株に投資している商品を買った場合を例にご説明しましょう。この場合、商品の購入時と比べて、アメリカドルに対して日本円が高くなった時に、損失が出る可能性があります。

信用リスク

投資信託には、投資先の発行体の信用リスクが存在します。株を運用している場合はその企業の信用力が落ちれば、価格が下落して損失になる場合があります。債券を運用している場合も同様に、発行体の企業の信用力が落ちれば、価格が下落して損失になる場合があります。

金利変動リスク

金利が変動することによって、損失が生じる場合があります。特に、債券を運用している場合は、金利が上昇することで債券価格が下落するので、投資信託の価格も下落する恐れがあります。

投資信託のリスクの減らし方

では、投資信託のリスクを減らすためには、どうすればよいのでしょうか。まずは、投資信託のメリットとデメリットについてご説明します。それを踏まえた上で、リスクを減らした運用について、ご紹介していきます。

投資信託のメリット

投資信託のメリットには、次のようなものがあります。

・少額から始められる
・プロが運用する
・分散投資ができる

少額から始められる

購入窓口によって異なりますが、1万円から金額を指定して少額ずつ購入することが可能です。中には、1,000円から投資できる商品もあります。

プロが運用する

投資信託は、プロの手によって運用がなされています。ファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが、日々市場の分析を行い相場の予想を立てて、戦略的な運用を行っています。

分散投資ができる

株や債券などの様々な資産に投資することが可能です。複数の銘柄に分けて投資しているので、世界中のあらゆる国の資産を持つことが可能になります。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットには、次のようなものがあります。

・コストがかかってしまう
・元本保証がない

コストがかかってしまう

投資信託には、購入時手数料、信託報酬、解約手数料、信託財産留保額と呼ばれる4つの手数料がかかります。商品によって料率が異なるので、商品選びの際は注意しましょう。中には、手数料がほとんどかからない商品もあります。

元本保証がない

投資信託は、日々基準価額が更新されます。したがって、購入と解約のタイミングによっては、損失が発生する恐れがあります。しかし、投資した以上に資金を請求されることはありません。

リスクを抑えた運用をする方法

投資信託のリスクを抑えるためには、「分散投資」が必要です。具体的には、時間・地域・資産それぞれについて、分散した投資を行うのが好ましいです。

まず、少額から始められるというメリットを生かして、少額ずつ時間を分けて購入しましょう。また、購入する商品の投資先は、異なる複数の地域で構成するようにしましょう。加えて、商品ごとの投資資産を確認し、株や債券といった様々な資産に分けて投資しましょう。

以上3点を注意して実行すれば、投資信託のリスクを抑えた運用ができます。それぞれの商品の特徴をよく調べるようにしましょう。

・時間分散→時間を分けて投資する
・地域分散→投資先の地域を分けて投資する
・資産分散→投資資産の種類を分けて投資する

投資信託のリスクまとめ

投資信託のリスクをご紹介し、メリットデメリットを確認しました。それらを踏まえた上で、投資信託のリスクを抑えた運用の方法をご説明しました。

このように、少額から手軽にプロの手による分散投資が可能な投資信託を、今からでも是非始めてみませんか。