証券取引所とは?役割や仕組みをわかりやすく解説

株式市場を知る

上場会社の株式の取引は、証券取引所で行われています。これが、いわゆる株式市場です。

例えば、ある株式に対して買い注文を入れたとします。

するとその注文は、証券取引所を通じて、別の誰かの売り注文と値段が合った時に売買成立となります。
株式市場とは、『株式の売買を行う場所』を指す言葉であって、日経平均株価のように数値を持つものではないので注意しておきましょう。

証券取引所とは

証券取引所とは、私たちが株式を売買する場所のことです。

場所といっても、実際に投資家が出向くわけではなく、取引されたデータを扱う場所となります。証券取引所では、個人の取引だけでなく、証券会社や投資会社の売買も一緒に行われています。

証券取引所は日本に4箇所ある!

日本の証券取引所には、東京・名古屋・福岡・札幌の4つあります。

それぞれ特色があり、名古屋・福岡・札幌では、地元に本社のある企業の上場が目立っています。

市場として最も注目されるのは東京なので、東証上場を目指す経営者も多くいます。東証1部上場という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

東証1部上場というのは、どうして企業のPRになるのでしょうか?

実は日本にはいくつかの証券取引所があり、東京証券取引所、特にその1部には厳しい審査・条件をクリアした企業しか上場できないのです。ですから、東証1部に上場できるということは、優良企業である裏返しだと考えられるのです。

証券取引所の区分

証券取引所は、日本国内に4カ所あり、さらにそこから区分が分かれています。

【東京証券取引所】5区分
東証1部
東証2部
マザーズ
JASDAQスタンダード
JASDAQグロース
TOKYO Pro market

【名古屋証券取引所】3区分
名証1部
名証2部
セントレックス

【札幌証券取引所】2区分
札証
アンビシャス

【福岡証券取引所】2区分
福証
Q-board

また、各証券取引所で、取引可能な時間帯が少し違う場合があるので注意しておきましょう。

各市場の取引時間

基本的には東京証券取引所がメインだと思いますが、他の証券取引所の取引時間も確認しておきましょう。

【東京証券取引所】 前場 9:00〜11:30  後場 12:30〜15:00
【名古屋証券取引所】前場 9:00〜11:30  後場 12:30〜15:30
【札幌証券取引所】 前場 9:00〜11:30  後場 12:30〜15:30
【福岡証券取引所】 前場 9:00〜11:30  後場 12:30〜15:30

特徴は、1時間の休憩をはさんで前場(ぜんば)と後場(ごば)にわかれています。

取引ができる時間を立会時間といいます。

また、前場の開始時間のことを「寄り付き」といい前場の終了時刻のことを「前引け」、後場の開始時間のことを「後場寄」といい後場の終了時刻のことを「大引け」といいます。

取引時間をしっかり把握し、対策を打てるようにしよう

各市場では、取引時間が異なることがわかりました。
取引時間把握は、取引時間内でないと株式の売買ができないという意味でも大事なのですが、もう1つ大事である理由があります。

それは、寄り付き大引け前に関係します。
寄り付きとは、その日の最初の取引又は値段のことを言います。
大引けとは、その日の最後の取引又は値段のことを言います。

寄り付きでは、前日の取引の影響を受けることや、寄り付き前までに出たニュース、時差のあるアメリカの状況などを考慮した売買が一気にぶつけられます。
そのため、その日1日の株価の勢いがあらわれます。

大引けは、その日の取引の集大成と言えます。
株価は短時間で上下しますが、大引け後の値段こそが本当の株価である、という言葉もあり大事なものとされています。
明日の株価に直接繋がる、と考えると大事さがわかりやすいですね。

このように、証券取引所の寄り付きと大引けでは意味合いは違いますが、株価にとって大切な時間帯となります。
時間が取れる場合は、注目して見ておきましょう。