ROEで企業の収益性と効率的に株主資本を活用できているかが分かる

ROEとは

手元の資金を効率的に運用すれば、少ない資金でも多くのお金を稼ぐことができますよね。個人でも借り入れをして株式投資を行えば自分の持っているお金以上の株を購入することができます。

この考え方の企業版を表す指標がROEなのです。つまり、企業が資本をどれだけ有効的に活用して、利益を上げているかを判断するための指標なのです。

このROEが高い企業は収益力も高く、好成績が続けば株価の上昇も見込まれます。そのため、ROEは投資家からは最も注目される指標の一つなのです。

この記事では、ROEの概要と似たような指標でROAというのも存在します。そのROAとの違いもご紹介します。

ROEとは企業の収益性を測る指標

ROEとはReturn On Equityの略で、「自己資本利益率」と呼ばれる指標です。企業の収益性に軸をおいた指標で、経営の効率性を測ることができます。この時の自己資本とは、主に株主から集めた資金と利益の蓄積で構成される企業の総資本の一部です。

ROEの計算式は「当期純利益÷自己資本×100」で計算することができます。

このROEが高い企業ほど、独自に資本を調達して利益を上げているかという、経営の効率化を示す指標になります。

ROE10%以上が目安15%以上の企業は優良

ROEの基準は10%以上と言われており、15%以上の企業は優良とされています。このROEが高いほど少ない株主資本で利益を上げており、反対に低い企業は株主の資金を上手に使えていないわけなので、株主から見ると「経営が下手なのでは」と言われてしまうのです。

ROEには「実績ROE」と「予想ROE」がある

ROEを計算式に当てはめて毎回計算するのは面倒ですよね。また、算出したROEは過去の数値なので今後も同じように続くかはわかりません。そこで、注目したいのが実績ROEと予想ROEです。

予想ROEは、予想利益÷前期末自己資本、実績ROEは利益÷期首自己資本と期末自己資本の平均で表すことができ、この数値は証券会社の公式サイトでチェックすることができます。

また、予想ROEが今後3年以上上昇することが見込まれている場合は、株価も上昇していくことが高いと言われています。

「予想ROE」も分かるSBI証券がオススメ

ROEの判断をするには、実績ROEと予想ROE2つともを確認しておきたいところです。そこで、その両方を確認できる証券会社がSBI証券です。他の証券会社よりも指標がすぐに見ることができるため、ROE重視のトレードをする際にはおすすめです。

SBI証券の口座を持っていれば、ROEだけでなくその他の指標も無料でチェックすることができるため、口座開設をして気になる企業のROEをチェックしてみましょう。

ROEROAの違い

ROAとは

ROEと似ている指標にROAというものが存在します。ROAは総資産利益率と呼ばれる指標で、株主資本を使って算出するROEとは異なり、ROAは負債も含めた「総資産」で計算を行います。そのため、ROAの算出方法は「当期純利益÷総資産×100」となります。

ROAROE同様高い方が優良と判断されROA5%以上、10%以上だと優良企業と言われています。全体の平均が25%程度とされており、業種によっても大きく変化する指標のため、同業他社との比較が肝心です。

ROAは負債も含めた「総資産」

ROAは企業のすべての資産に対する利益率であるため、ROEよりも全体的な経営効率を図るための指標と言えます。言い換えるとROEの対象は株主、ROAは株主に加えて金融機関をはじめとしたすべてのステークホルダーを考慮した指標なのです。

ROEの他にもこんな指標をチェックしておこう

ROEと一緒にチェックしておきたい指標が3つあります。

PER(株価収益率)

PBR(株価純資産倍率)

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

それぞれの算出方法を簡単に紹介します。

PBR(株価純資産倍率)

PBRは株価純資産倍率と呼ばれ、企業の純資産(株式資本)から株価の割安性を判断する指標を指します。

PBRの基準は「株価÷1株あたりの純資産」で計算することができ1倍以下だと、その株式は割安と言えまず。ただし、黒字になっている場合は理論上1倍を下回ることはないため、一時的に下がった場合か経営が上手く行っていないかの判断が必要になるでしょう。

PER(株価収益率)

PERは株価収益率と呼ばれており、企業の株価と利益を比べ株価が割安かどうかを判断する指標のことです。

具体的な算出方法は「株価÷1株あたりの利益」で算出が可能であり、一般的に15倍を下回れば割安と判断されます。しかし、過去のPERや予想PERによっては、15倍でも割安とは言えないケースもあります。

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

PCFR1株あたりのキャッシュフローの何倍に当たるかを見る指標で、PBRPERと同様に株価の割安感を測るための指標です。計算式は以下のようになっています。

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)=株価÷1株あたりのキャッシュフロー

この指標は、業種によって設備投資の額も大きく違ってくるため、PCFRは同業他社との比較に用いられます。PCFRが低いほど株価は割安であると判断されます。

ROEで企業の収益性と効率的に株主資本を活用できているかが分かるのまとめ

今回の記事は、ROEの算出方法と、組み合わせて使うとより効果の発揮する指標を照会しました。

ROEは高い方が優良な企業と言えます。しかし、対象が株主資本のみのため全体的な経営効率が上手く行っているかはこの指標だけでは判断がつきにくいのです。

そのため、ROAPCFRPBRなどの指標とも比較して本当に優良企業かということを確認しましょう。ROE状態が3年以上続くと予想できる企業は、特に投資家へのリターンも大きくなる可能性があります。

しかし、借入金も多いため安定した経営ができるのかという判断では、また異なります。様々な指標を吟味して総合的に判断することが割安株を見つける近道になるでしょう。