入門・基礎知識

PBRとは?割安な株はPBRで探そう

PBRとは

株式投資を始めるならば、自分の買う株は可能な限り安く、お得に買いたいですよね。安く買うことができて、その会社が無事に成長すれば、その分だけ利益も多く得られますから。でも、数多くある株式の中でお得な株を見つけるのは難しいですよね。

そこで、注目したい指標がPBR(株価純資産倍率)という指標です。この指標は株価が割安、つまり会社の力に対して今の株価が安いか、高いかを判断できます。

このPBRが低いほど割安となりお得に株を購入することもできますが、その分注意も必要です。1倍を下回る可能性のある場合は、経営状態に問題のある可能性も高いためしっかり確認が必要でしょう。

この記事では、PBRの意味や銘柄選びのポイントPBRと合わせて使いたい指標をご紹介します。お得な株を見つけたい方は是非参考にしてみてくださいね。

企業の純資産から見た株価の割安度を調べる指標

PBRは、純資産を元に株価がお得かどうか判断する指標のことです。純資産とは、会社の内部にある全ての資産(出資したお金、稼いだ利益)から負債を引いて残った額を指し、純粋にその会社の資産と言えるお金のことです。

また、純資産には株主が最初に出資したお金も入っているため、株主から資産を預かっている状況にあると言えます。

そこで、会社が解散した時に公平に分けられるように1株あたりに割り振ったものを1株純資産と呼ばれます。1株あたり純資産を元にしてPBRを算出します。「株価÷1株純資産」で株式がお得かどうか判断します。

PBR1倍の株は割安!

このPBRは通常1倍以上になります。なぜならば、「1株純資産」には帳簿上に載っている資産(現金や不動産)以外にも数値化できない技術力やブランド力なども含めるもの。1倍は基本数値であり、反対に1倍を割る場合は何らかの問題がある場合に限られるのです。

ところが、実際に1倍を下回る会社は結構存在します。その原因は主に2種類。赤字決算が続いており経営に問題があるか、優良企業なのですが為替の影響や震災の影響など何らかの原因で一時的株価が下がっているかなどの理由があります。

この時に注目するのは、優良企業だけれども株価が下がっている企業です。赤字が続いている会社の場合は、常にPBR1倍以下のことが多く購入しても再度上昇するかはあやしいところ。

しかし、市場全体の暴落に巻き込まれたなどの理由で普段ではないPBR1倍を割ってしまう会社があります。この場合は、一時的な理由で安くなっているためPBRも再評価されて上昇していく可能性も高いので、1倍以下の時に購入するのがお得と言えるでしょう。

楽天証券のマーケットスピードは情報収集におすすめ

このPBRを中心としてお得な株を見つけたい時に必要なものは情報です。正確な情報がなければ、お得な株を見つけることは難しいですよね。そのため、PBR分析には数多くある証券会社の中でも様々な情報を提供している楽天証券がおすすめです。

PBRは、多くの投資家が注目する指標の一つです。誰でも安く安全に株式を購入したいもの。お得な買い物には情報が命。楽天証券で情報戦にまずは有利に立ちましょう。

PBRの他にもこんな指標をチェックしておこう

株式の割安かどうかを調べることのできる指標は他にもあり、PBRだけでなくこれらの指標も組み合わせて使用することで、より確実な割安株を見つけられるでしょう。今回は、

PER

PCER

ROE

それぞれの算出方法を簡単に紹介していきます。

PER(株価収益率)

PERは株価収益率と呼ばれ、企業の株価に対してどの程度利益が出ているかを見る指標です。PERの算出方法は「株価÷1株あたり利益」で、基準は15倍以下の場合は割安とされています。

PCER(株価キャッシュフロー倍率)

PCER(株価キャッシュフロー倍率)は、株価とキャッシュフローとの関係を表した指標です。株価は1株あたりのキャッシュフローの何倍かで判断します。

PCFR=株価÷1株あたりのキャッシュフロー(CFPS)で算出します。倍率が低いほど割安ですが、主に同業他社との比較で使用します。他の指標との組み合わせが肝心です。

ROE(株主資本利益率)

ROEは、株主資本利益率といい、企業の収益性を図る指標です。株主による資金が企業の利益にどれだけつながったのかを示します。

具体的には、ROE1株あたり利益÷1株あたりの株主資本

とされており、この資本が10%以上の場合は効率陽区株主資本を使い利益を上げている経営を行っていることがわかる指標です。PBRなどと組み合わせて使うと効率的な経営をしているのに割安な株式を見つけることにつながるでしょう。

PBRとは?割安な株はPBRで探そうのまとめ

この記事ではPBRの概要とその他の割安株を見つけるための指標を紹介してきました。PBRは低いほどお得な企業とも言えますが、その分注意も必要になってきます。PBRのみで判断するのは非常に危険です。

あくまでも参考指標の一つとして、他の指標との組み合わせから経営状態を把握した上で割安な株式を見つけるのがよいでしょう。