【非課税投資】NISA・積立NISA(つみたてNISA)・ジュニアNISAを比較

NISA・積立NISA(つみたてNISA)・ジュニアNISAを比較!【非課税投資】

NISA つみたてNISA ジュニアNISA
年間の非課税投資枠 120万円 40万円 80万円
非課税期間 購入年を含めて5年間 購入年を含めて20年間5年間 2016~2018年投資分:購入年を含めて5年間
2019~2023年投資分:購入後20才になるまで
投資可能期間 2014年~2023年 2018年~2037年 2016年~2023年
非課税対象商品 株・ETF・REIT・投資信託
(投資信託は定時定額購入も可能)
特定の投資信託(※) 株・ETF・REIT・投資信託
(投資信託は定時定額購入も可能)
手数料 1各商品の通常手数料と同じ 無料 各商品の通常手数料と同じ
買付方法 非課税枠の範囲で自由
(投資信託定時定額買付も可能です)
定時定額買付 非課税枠の範囲で自由
(投資信託定時定額買付も可能です)

情報元:ライブスター証券公式サイトより

NISA・積立NISA(つみたてNISA)・ジュニアNISAのそれぞれの違いは、対象者、それぞれ年間の非課税枠、対象、投資可期間、非課税期間などが異なります。

通常のNISAは投資全般に適用が可能で20歳以上ならば使用できます。年間非課税額は120万円までで5年間有効となっています。

積立NISAは名前の通り積立専用であり、投資信託などに用途が限定されます。そのかわりに投資期間・非課税期間が20年に設定されています。

ジュニアNISAは通常のNISAが使用できない0歳~19歳までを対象に8年間の投資可能期間が設けられており、非課税期間は5年です。なお引き出しは18歳になるまでできないのも特徴です。

NISAとは?

具体的にNISAについて解説すると「少額投資非課税制度」の愛称であり、毎年120万円までの少額の投資に関しては税金が非課税になる制度です。これらは取得・売却・配当金全てに対して有効です。

つまり、売却して利益が出ても、配当金を受け取っても税金はかかりません。そのかわりに非課税期間は5年間で終了します。少々煩雑な手続きや、投資限度額は120万円のため少額の投資をする人向けです。

積立NISA(つみたてNISA)とは?

株式投資はしないという方には積立投資専門の積立NISA20181月から開始されました。積立期間・非課税期間が20年とNISAに比べてかなり長いため、長期間にコツコツ投資をしたい人に向いています。

ただし、1年間に積立することができる金額は40万円で20年間の総額は800万円です。少し積立投資をしたい方やあまり引き出す予定のない方におすすめです。なお、個別の株式投資などはできません。

ジュニアNISAとは?

ジュニアNISANISA0歳~19歳までの未成年者が対象になっています。最大の違いは1年間の非課税金額で、NISA120万円ジュニアNISA80万円と差があり、5年間運用した場合は600万円と400万円を非課税で運用できます。

ジュニアNISAはデメリットも存在し、金融機関の変更が認められないため口座を1度開いたら18歳までは動かせません。もしも口座を変更する場合には、これまでのすべての利益に対して課税がかかるうえに口座の廃止をしなくてはなりません。

iDeCo(イデコ)とは?

iDeCo(イデコ)は正式名称が「個人型確定拠出年金」といい、いわゆる年金制度の一つなのです。そのため60歳までは引き出すことはできません。老後のためのお金を貯める投資と考える必要があります。

iDeCo(イデコ)の場合は運用益を非課税にできるため、そのまま自動的に再投資ができることはもちろんのこと、掛け金によって納めた税金が戻ってくることも特徴になります。iDeCo(イデコ)の最大のメリットはこの点にあるでしょう。

積立NISA(つみたてNISA)、NISAiDeCoを比較

積立NISA(つみたてNISA)、NISAiDeCo、一般口座をそれぞれ比較して見ると、まず年間の取引額がある程度ある人は一般口座の方が良いでしょう。煩雑な手続きをしてもメリットがあまりないため、一般口座で投資をして利益をだすのがおすすめです。

反対に取引額が100万円以下の人は制限はかかりますが、NISA口座の方が向いています。5年間の非課税で途中で引き出すことも可能なため、運用中に必要になった際も安心です。他の非課税制度に比べて自由度が高いのも魅力です。

老後資金に特化したい場合は積立NISAiDeCoがいいでしょう。積立NISA20年間でiDeCoの場合は60歳まですが、掛け金によって所得税が免除されるのは非常に大きいため長期間ならばiDeCoをおすすめします。

老後資金など中長期で資産を作るなら積立(つみたて)NISAが初心者向き

積立NISAは年間投資の上限が40万円と比較的低いですが、20年間の非課税期間が設けられているため、中長期的に運用をしたいや通常のNISAiDeCoなどと併用して活用してみるとさらに効果を発揮するでしょう。それぞれに投資対象が設定されているため、事前の確認が必要です。中でも積立NISAETFなどの商品は比較的少ないため、何の投資商品を選択するかも重要になるでしょう。

いつまでにいくらの計画をすることが大切

投資に置いて大切になってくることは、いつまでにいくら欲しいのかという計画と目的です。それぞれに向いている投資方法や投資商品が異なります。iDeCoならば60歳まで引き出せないというデメリットに加えて選べる投資商品も少ないです。

しかし、老後資金専用の口座と考えればこれもそこまで大きなデメリットとはなりえないでしょう。運用金額が多い場合はNISAは向いていないため、一般口座で自由に投資を行うほうがいいでしょう。

まずは投資を初める前にいつまでにいくら欲しいと言う計画を作りましょう。