NISA口座を開設しよう!初心者におすすめのNISA(ニーサ)を紹介

2014年から日本でスタートしたNISA、開始当時はテレビCMも流れていたので、名前だけは知っている方も多くいるのではないでしょうか?

しかし、実際にNISAを説明できる方、NISA口座を開設した方はかなり少ないのでは?
いったい
NISAとはどの様な制度なのでしょうか。初心者にもおすすめできる理由と合わせて紹介していきますね。

NISA(ニーサ)とは?

NISAは、日本語では少額投資非課税と言い、株式や投資信託を売却したと域に出る利益や、配当金や分配金にかかる税金が非課税になるという制度です。

売却益や配当金には、20%程度の税金がかかるので、NISA口座なら何もせずに20%の儲けが得られることになります。

NISA(ニーサ)具体的な制度の内容

配当金や売却益が非課税に

通常、株の配当金や投資信託の分配金には20.315%の税金がかかります。しかしNISA口座内で保有している金融商品からの配当金・分配金は全て非課税となります。

また、値上がりした株等を売却した時に生じる売却益も非課税となります。

年間120万円までが対象

NISAが適用できるのは年間120万円までです。この枠内なら株や投資信託など自由に購入することができます。

また、120万円の枠は次の年に持ち越すことはできません。つまり、今年80万円分しか買わなかったからといって、次の年に160万円分の株を買えるわけではありません。

非課税期間は5年間

NISAには、非課税にできる期間が5年間と定められています。1度買った株や投資信託は、売却しない限り5年間は非課税で配当や分配金を貰い続けられます。

5年を超えた場合、売却しないなら通常口座に移すこととなります。

NISA(ニーサ)の種類と特徴

通常のNISA

一般的なNISA口座で、20歳以上の日本在住の方なら誰でも1口座開設できます。

この口座では、毎年120万円まで投資可能で、5年間の非課税期間が与えられます。

ただし、NISAを利用するには通常の証券口座とは別に新たにNISA口座開設の手続きをしなければなりません。

開設自体は簡単ですが、少し時間がかかる場合があるので早めに申し込んでおきましょう。

ジュニアNISA

ジュニアNISAは、未成年の方のための少額投資非課税制度です。

こちらも日本在住の方が対象になるのですが、年齢は0歳~19歳の方に限られます。

通常のNISAと同じように、株等の売却益や配当金が非課税になり、期間も最長5年間です。

ただし、年間の投資可能金額が80万円までとなっているので注意が必要です。

さらにもう1つ注意点があります。それは原則として18歳までは、口座からの払い出しに制限があるということです。しっかり注意しておきましょう。

積み立てNISA

積立NISA20181月からスタートした新しいNISA制度です。

これは通常のNISAよりも、より長期的な視点に立った制度です。

内容は、投資可能金額は1年間に40万円までで、非課税期間はなんと20年間です‼︎

運用できる商品には制限があり、自分の好きな商品を買える訳ではありませんが、20年間の非課税期間は本当に魅力的ですね。

NISA(ニーサ)のデメリット

損失通算ができない

NISA口座で損失が生じても、通常の口座と損益通算することができません。

通常の口座内で損失が生じた場合、利益と損失が相殺されて、税金の還付を受けることができます。

しかし、もともと非課税であるNISA口座で損失が生じても、還付の対象とはならないというわけです。

損失繰越ができない

通常の口座では損失が確定した場合、3年間の損失の繰越が可能です。

これはつまり、3年間は年をまたいで損失を繰り越していけるということで、税制上有利になるのです。

しかしNISA口座では、損益通算の時と同じ理由で、損失繰越もできないので注意しましょう。

NISA(ニーサ)が初心者におすすめできる理由

株の初心者はつい無駄な売買をしてしまいがちです。ニュースやアナリスト、証券会社の格付けに敏感に反応し、つい短期の売買をしてしまうのです。

ですが、短期売買のプロは、何面ものモニターを見ながら大量の情報を処理して売買を行います。初心者がその土俵に乗って勝てるわけがないのです。

そこでNISA口座で株式投資を行うと、年間の投資可能枠が決まっているので、自然と長期保有の投資ができます。

長期投資なら、企業の分析を少し勉強すれば初心者でも十分勝つチャンスがあるのです。

ぜひNISA口座で長期投資を目指してみてください。

NISA(ニーサ)が開けるおすすめ証券会社

SBI証券

ネット証券最大手のSBI証券です。

NISA口座に対応していることはもちろん、売買手数料や取扱商品の量、取引ツールなど全てにおいて高い水準で提供されています。本格的に投資をしていくなら、開いておいて損はない証券会社です。

マネックス証券

マネックス証券は米国株取扱No.1の証券会社です。

もちろんNISA口座での米国株投資も可能なので、日本以外の株にも興味がある方はマネックス証券がおすすめです。

楽天証券

楽天が運営する証券会社です。

手数料の安さや情報量など魅力のある楽天証券なのですが、1番のおすすめは「マーケットスピード」という取引ツールです。

これは非常に人気で、このツールを使いたいがために楽天証券に口座を開く方がいるほどです。

また、楽天会員の方は口座開設が非常に楽なので、会員の方には特におすすめです。

NISA口座を開設しよう!初心者におすすめのNISA(ニーサ)を紹介のまとめ

NISA口座では、通常年間120万円までが最長5年間で非課税となります。

また、ジュニアNISAや積立NISAなど派生制度もあり、自分の投資スタンスに合ったものを選んでいくのが良いでしょう。

一方で、損益通算や損失繰越ができないというデメリットがあることにも注意しましょう。

初心者の方は、プロが沢山いる短期売買の土俵に上がるのではなく、自然と長期投資ができるNISAでの投資がおすすめです。