日経平均株価とは?初心者にわかりやすく解説

日経平均株価とは?

「日経平均株価」という言葉をニュースなどで言葉を聞いたことはあるでしょう。

言葉だけを聞いて、日本の株価の平均なのかな?と理解してしまいそうですが、実はそうではありません。

日経平均株価とは、日本の全ての企業の平均ではなく、日本を代表する225の企業の平均株価のことなのです。

しかし、日本を代表すると言っても企業には成長するものもあれば、衰退するものもあります。

そこで、日経平均を構成する企業は定期的に入れ替えが行われています。

 

日本を代表する225銘柄は入れ替えがある

毎年10月に「定期入れ替え」

日経平均は、常に日本を代表する225の企業で構成されていなければいけません。

成長が止まる・衰退している企業は、株式市場では人気が無くなっていき、株式の売買量が低下していきます。(流動性の低下と言います。)

株式の売買量が低下していく企業は、より成長が期待できる企業と入れ替えられます。

定期入れ替えの時期は10月で、入れ替え銘柄の発表は9月に行われます。

定期入れ替えは、必ず行われるものではなく、該当する企業がなければ1年間現状が維持されます。

途中補充の場合「臨時入れ替え」

また、定期入れ替え以外にも、臨時で銘柄の入れ替えがされる場合があります。

経営破綻した企業や、東証一部上場の条件を満たせなくなった企業は日経平均銘柄から除外されてしまします。

日経平均は225の銘柄が必要なので、1銘柄でも欠けてはいけません。

ですからこういう場合は、すぐに新しい銘柄が用意されます。

構成される業種は6つのセクター・36業種で構成

6つのセクターは、技術、金融、消費、素材、資本財・その他、運輸・公共に分類されます。それ以下の分類は以下のようになっています。

技術・・・医薬品・電気機器・自動車・機密機器・通信

金融・・・銀行・その他金融・証券・保険

消費・・・水産・食品・小売業・サービス

素材・・・鉱業・繊維・パルプ紙・化学・ゴム・窯業・鉄鋼・非鉄金属・商社

資本財・その他・・・建設・機械・造船・運送用機器・その他製造・不動産

運輸・公共・・・鉄道バス・陸運・海運・空運・倉庫・電力・ガス

割合はセクター間で均一ではありませんが、大きな偏りが出ないように調整はされています。

日経平均株価の問題点

日経平均株価に影響を与えるのは一部の企業

セクター間では大きな偏りが出ないように調整されているのですが、日経平均に大きく影響を与える個別企業があります。

2018年現在では、ファーストリテイリング(ユニクロ)・ソフトバンク・ファナックの3社で日経平均の20%を占めています。

つまり、日経平均株価は225社の平均というよりも、この3社がメインで222社はサブのような形になってしまっているのです。

この状態では、日本の景気を測るというよりも、ファーストリテイリング・ソフトバンク・ファナックの業績を測る指標となってしまう問題点があります。

入れ替えで日経平均株価は上昇しにくい

日経平均株価の算出方法は、基本的には「全銘柄の合計÷225」で算出されます。

しかし、増資や減資、株式の分割や併合といった市況以外の要因で株価が動くことがあります。これでは指標としての役割が果たせません。

そこで、単純に除数(分母)を225とするのではなく、その都度調整して、日経平均株価に連続性を持たせています。

ですが、この除数の調整のせいで、日経平均株価は上がりにくくなっているのです。

日経平均銘柄の入れ替え時、衰退している企業が除外され、成長している企業が採用されます。それはつまり、株価が低くなっている銘柄が除外され、高くなってきている銘柄が採用されるということでもあります。

そのため、調整のための除数(分母)がどんどん上がっていき、日経平均株価はなかなか上がらないというのが現状なのです。

日経平均とは?初心者にわかりやすく解説のまとめ

日経平均株価とは、日本を代表する225の企業平均のことでしたね。

225の企業に採用されるには、年1回の入れ替えで選ばれる必要があり、選ばれるためには日本の代表企業であり、高い成長力を評価される必要があるので一筋縄では行きません。

また、日経平均は全ての上場企業や、東証1部上場の全ての企業の平均といった覚え間違いはよくあるので注意しておきましょう。

そして、バブルの頃につけた約39,000円日経平均の最高値ですが、当時と現在では除数が異なっているので単純に比較できないことも覚えておきましょう。