比較

ネット証券会社を徹底比較!初心者はここを選べ

ネット証券を比較する項目は?

手数料、取扱商品、取引ツール

株式投資を始めるためには、まず証券会社に口座を開く必要があります。

少し調べると、どうやらネット証券がお得ということがわかりますよね。

ただ、ネット証券も豊富にあるので、自分が必要な項目を満たすものを選んでいきましょう。

比較項目として重要なのは、手数料の安さや取扱商品の豊富さ、取引ツールの使いやすさなどです。

証券会社ごとに特徴をまとめたので、参考にしてください。

 

ネット証券徹底比較!総合ランキング

最近では、ネット証券同士の競争も激化していて、各社顧客満足の向上に努めています。

そのため、どこの証券会社も魅力的ではあります。しかし、力を入れている部分とそうでない部分があります。

自分が重視するポイントをはっきりさせて、どこのネット証券を選ぶのか決めていきましょう。

SBI証券

言わずと知れた、ネット証券の最大手です。

手数料、取扱商品数、取引ツール、どれを取っても満足できる水準です。

また、人気No.1ということもあり、初心者の方も安心して開設できます。

こだわりがなければ、初めの証券会社はSBI証券が無難でしょう。

楽天証券

比較的新しい証券会社で、あの楽天が運営する証券会社です。

特に取引ツールが人気で、ツールのために楽天証券の口座を開く人もいるほどです。

楽天サービスとの相性がいいので、楽天銀行を使っている方や、楽天会員の方は口座開設の手続き簡単にできます。

松井証券

松井証券は、110万円まで、取引手数料無料で取引できます。

これは少額で始めたい初心者の個人投資家にとっては、非常に有難い制度です。

一方で取扱商品は少なめなので、投資信託なども一緒の口座で取引したい方にはおすすめできません。

株ドットコム証券

三菱UFJフィナンシャルグループの証券会社です。

他のネット証券に対して知名度では劣るかもしれませんが、信頼性は抜群です。

銘柄検索機能が強みで、検索条件や表示画面など初心者でも扱いやすいのが特徴です。

マネックス証券

米国株取扱数No1のマネックス証券です。

日本株だけでなく、将来アメリカ株も考えている人にオススメです。

また、IPO(新規公開株)の抽選が公平なので、個人投資家に人気があります。

岡三オンライン証券

機能面ではダントツ!

『岡三ネットトレーダーシリーズ』という取引ツールは、専業デイトレーダーも御用達の充実したツールです。

ただし、初心者の方がいきなり使いこなすのは難しいため、慣れてきた頃に2つ目のネット証券として考えるのがいいかもしれません。

GMOクリック証券

ネット証券手数料最安値水準。

SBI証券や楽天証券に負けず、常にネット証券の手数料最安値を目指している証券会社です。

手数料を最重視するならGMOクリック証券 でしょう。(ただし110万円以下の取引なら、松井証券が無料。)

そして、スマホの取引アプリにも定評があります。

 

ネット証券手数料比較表

ネット証券の手数料比較 〔税抜き価格〕(2018年7月現在)
証券会社名

 

株式売買手数料
10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
SBI証 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 990円
松井証券 0円 300円 500円 1,000円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円
岡三オンライン証 99円 200円 350円 600円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
DMM.com証券 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
野村証券 139円 300円 477円 953円
SMBC日興証券 125円 180円 400円 800円
マネーパートナーズ 200円 360円 900円 1800円

※本調査については、2018年07月17日時点のものになります。
※本ランキングは実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。

 

初心者にオススメのネット証券は?

まずはやはり、手数料の安さ・商品の豊富さ・取引ツール・人気どれを取っても文句なしのSBI証券でしょう。

初心者が初めて使っても、操作がわかりやすいのもオススメできるポイントです。

また、普段から楽天のサービスを利用している方なら、楽天証券もオススメできます。

楽天会員の方なら、すぐに口座開設できるので、面倒くさがりな方でも簡単です。

 

平均3口座!複数開設してうまく使い分けよう

個人投資家の口座開設数は、平均で3口座程度だそうです。

1つあれば充分じゃないの?という疑問があると思いますが、それぞれ用途を分けることで効率に投資しているのです。

例えば、1つはメインの取引用口座、1つは株主優待用の口座、1つはIPOの抽選用の口座、というように使い分けることで、投資方針がブレにくくするのが狙いです。

資金が少ないうちは、口座を分けるのは難しいと思いますが、口座を複数開設するメリットがあることは覚えておいてください。

いずれ資金が増えた時、役にたつかもしれません。

 

ネット証券徹底比較!初心者はここを選べのまとめ

ネット証券にも色々あり、長所・短所があることがわかりました。

自分が何を重視するのかをしっかり理解して、理想の証券会社を見つけましょう。

何も始めていない段階から、色々調べるのは面倒くさいという方は、とりあえずSBI証券で開設してみるのがいいでしょう。

人気No1ネット証券と言われるのには理由があります。使ってみればきっとその理由がわかるはずですよ。