株初心者のための株取引!注文方法と種類

株式を売買する注文方法は2種類 成行注文と指値注文がある

指値注文

株式の指値注文とは、買いたい値段に設定して株価がその値段まで動いたら買うことができるという注文方法です。

例えば、現在の株価が1000円とします。もっと安い値段の900円で買いたいと思ったら900円で指値注文を入れます。すると、株価が900円に下がったら注文成立になり、900円で買うことができます。

成行注文

株式の成行注文とは、現在の株価で買うことができる注文方法です。

株価は常に変動しています。その流れの中で、成行注文を入れたその時の株価で注文が行われます。成行注文はすぐに買うことができるので、今すぐに買いたい株がある時に成行注文で買うことができます。

注文方法 概要
指値(さしね)注文 値段を指定して売買を行う注文方法
成行(なりゆき)注文 価格を指定せず、そのときどきの値段で売買を行う注文方法

指値注文は希望した価格で買えるがデメリットも

希望した価格で買える指値注文ですが、いくつか注意点もあります。

株価は買い手と売り手間の取引なので、売り手が少なかったり買い手が自分より高い価格を設定していることにより希望した価格まで下がらなかった場合には、いつまで経っても株式が買えません。

また、指値注文の有効期間を設定しなかった場合、当日限りでの失効(取り消し)になってしまいます。したがって、成り行き注文または買値を上げることが必要になるでしょう。

成行注文は想定外の株価で買ってしまうリスクも

成行注文にも注意点があります。成行注文は自分で価格の設定をしていませんので、想定外の株価で買ってしまうリスクです。

大抵の場合は、直前に見ていた価格で買うことができますが、時に大量の取引によって予想外の価格になってしまうことがあります。

株式市場では莫大な額の取引が行われています。したがって、多くの取引が成行で買おうとしている株に集中することで急激な株価の変動がおき、思っていた値段で取引ができない場合があります。

指値注文と成行注文を使い分けよう

指値注文と成り行き注文にはそれぞれに特徴があるので上手く使い分けてより多くの利益を得ましょう。

例えば、買いたい株があるとします。しかし、その株価は現在下落傾向にあり、成行注文で買ったらこのまま下がり続け損をしてしまうと不安になるでしょう。

そんな時に指値注文で不安にならない程度の価格に設定して取引するのが良いでしょう。また、この株は上がるぞ!!と自信があるときには成り行き注文ですぐに買うこともできます。

指値注文と成行注文を使い分けて利益を伸ばしましょう。

注文の執行条件を指定できる「執行条件」とは?

執行条件とは成行、指値注文に際して付けることができる条件です。

執行条件にはそれぞれ、寄付(よりつき)、引け(ひけ)、指成(さしなり)、IOCなどがあり、上手く使いこなせるようになれば自動的に条件通り売買してくれるのでより利益がとりやすくなるでしょう。

寄付(よりつき)

寄付とは、最初に成立した売買(取引)のことをいいます。証券取引場が開場する前に注文された寄付成行と指値それぞれの注文の価格によって取引が成立する仕組みになっています。

引け(ひけ)

前場、後場の最後の売買を「引け」と言い、後場の引けを特に「大引け」と言います。引け条件注文をした場合、前場(午前)と後場(午後)それぞれの引けの状況によって取引が行われます。

指成(さしなり)

引けまでは指値注文として扱われますが、その間に約定が成立しなかった場合は、自動的に引けの成行き注文になります。前場引け前の注文は前場引けに成行になり、後場から大引け前の注文は大引けの成行注文になります。

IOC

IOC注文は、指定した価格かそれよりも有利な価格で、即時に一部あるいは全数量を約定させ、成立しなかった注文数量を失効(キャンセル)させる条件付注文です。したがって、ある価格で少量を買いたい場合にはICO注文が有効になります。

買い注文の出し方

株価や注文状況、株価チャートを参考に希望価格を決める

常に変動している株価のなかで、安いところで買うことができれば多くの利益をあげることができますが、希望価格で買うために株価チャートを見て株価を予想することで利益率が上がります。チャートの動きを見て、指値注文でここまで下がったら買うと価格を設定することもできます。

株数を決める

大抵の場合、単元株数は100株になります。したがって、1株500円であれば資金が5万円で株主になることができ、1株5000円であれば50万円必要になります。証券会社によっては単元未満株があり、1株のみの購入が可能なケースがあります。

注文方法、注文の有効期間を決める

注文方法は自分の証券会社の口座を持ち、その会社が提供しているサイトやアプリなどから購入できます。基本的に株は買いがですが、証券会社から株を借りて売りに出すこともできます。指値買いか成行買いを決め、指値の場合は注文の有効期限(当時中、当日前場のみ、今週中、特定の日など)を設定して買います。