おつりで資産運用「マメタス」と「トラノコ」とは?違いを比較!

投資に興味はあっても、実際やってみるのはちょっとなあという人にオススメのサービス。「おつり」を使って、資産運用ができるサービス「マメタス」と「トラノコ」があります!

普段、お買い物が多くて、貯金が出来ない、、という人に特にオススメします!

おつり投資とは?

おつりで資産運用ができるスマホアプリサービスのことです。
ロボアドバイザーが自動的に運用してくれるので、投資先や売買のタイミングを悩む必要はありません。
投資の知識は全く必要ないところが魅力です。すでに海外では、「Aconrs」や「Moneybox」などは普及しているおつり投資サービスです。
基本的な仕組みは「マメタス」も「トラノコ」も同じです。積立をしたおつりを銀行口座から自動的に引落とします。
積立をした「おつり」などの資金が1万円以上入金されると資産運用が開始します。あとは投資信託で自動的に運用してくれるというのが基本的な仕組みです。
では、「マメタス」と「トラノコ」を比較し、それぞれの魅力を紹介します。

「マメタス」と「トラノコ」を比較

マメタス トラノコ
投資口座 ・WealthNavi
・WealthNavi for 住信SBIネット銀行いずれか
・トラノコ
おつりデータ ・家計簿アプリ「Moneytree」 ・トラノコおつり捕捉サービス
・家計簿アプリ「マネーフォワード」
・家計簿アプリ「Zaim」いずれかひとつ
月額利用料 ・無料 ・300円(税込)/月
出金手数料 ・無料 ・300円(税込)/件(初回3カ月は無料)
運用手数料 ・0.5%~1.0%(税抜)/年 ・0.3%(税抜)/年
投資先 海外ETF ・国内・海外ETF
おつり確定日
(投資額締め日)
引き落とし日の
10営業日前
毎月27日前後
引き落とし日 毎月26日 毎月6日
運用開始日 引き落とし日の
5営業日後正午頃
毎月14日前後
自動引落に設定できる対象 住信SBIネット銀行のみ ほぼずべての銀行

おつり投資サービス「マメタス」

ロボアドバイザー「WealthNavi」が運用

マメタスで貯めたお釣りは、ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)が運用します。
WealthNavi(ウェルスナビ)はすでに900億円以上の運用資産を獲得し運用しており、運用実績も10%と好調です。

月額利用料や出金手数料は無料!運用手数料は高め

マメタスは月額利用料や出金手数料は無料です。しかし運用手数料がかかります。

100円・500円・1,000円で設定

おつりが投資に回される金額は100円・500円・1,000円から選びます。例えば、240円のお買い物をして、100円に設定していた場合は、60円が投資額として積み立てられます。

投資に回したくないお金は、投資費用から削除もできる

投資に回したくないお金は、投資費用から削除もできます。おつりを個別に選んで、削除するだけです。

初期費用が10万円以上必要

「マメタス」のデメリットでもある「開始の手軽さ」が低いこと。
「マメタス」を始めるには、「WealthNavi」「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」「WealthNavi for ソニー銀行」「WealthNavi for 横浜銀行」のいずれかにて自動積立を設定する必要があるからです。
WealthNavi(ウェルスナビ)を開始した、ついでにの感じで「マメタス」も始めてみる方が良いでしょう。

おつり投資サービス「トラノコ」

トラノコは運用手数料は安い月額利用料や出金手数料が必要

月額利用料300円、出勤手数料も1回300円かかります。しかし、トラノコには、投資するほどお得になる仕組みがあります。
長期的に投資額が貯まれば、徐々にコスト安になることが狙いです。長期的に資産形成する意識が大切なので、運用手数料が安いのは魅力的ですね。
また、トラノコには投資額を増額できる「おつり投資の追加」機能もあります。

100円・500円・1,000円で設定

お釣りの設定額は、100円・500円・1,000円の3種類から選択することが可能です。これは「マメタス」と同じですね。

トラノコは投資レベルを3種類から選べる

投資信託(ファンド)として運用されているので、3つのファンドから好きなファンドが選択できます。
3つのファンドは以下の3つです。
・安定重視の「小トラ」
・バランス重視の「中トラ」
・リターン重視の「大トラ」
3つのファンドの違いは、資産形成の割合です。

「ポイント」で投資することもできる

「トラノコ」ではおつりだけが対象ではありません。トラノコが提携するポイントなら、現金に交換することで「ポイント」も投資できます。また、「ANAマイル」を貯めることもできます
トラノコに、ANAマイレージクラブのお客様番号を登録しておくと、投資額に関わらず毎月5マイルずつ貯まる仕組みです。
最初1年は、1年経った際にまとめて60マイルが付与され、その後は毎月5マイルずつ貯まるようです。投資額締め日の翌々月までに付与されます。

買い物が多く、貯金のできない人におつり投資はおすすめ

運用資産に応じてどちらが良いのか判断した方が良さそうです。
運用資産が30万円程度の場合は、マメタスの方が手数料の面でお得です。運用資産が100万円以上の場合は、トラノコの方が安くなります。トラノコの月額手数料300円が占める割合が小さくなっていくので、マメタスよりも低コストでの運用が可能です。

マメタスのおすすめポイント
・月額利用料や出金手数料が無料
・ロボアドバイザー「WealthNavi」が運用し好実績
・初期費用が10万円以上かかるので手軽に開始はできない

トラノコのおすすめポイント
・手数料が安い
・投資レベルを選べる
・ポイントで投資が出来、ANAマイルも貯められる

10万円からWealthNavi(ウェルスナビ )を始めて、併用で「マメタス」というパターンか、超少額で手軽に開始したいなら「トラノコ」で長期運用で100万円を数年以内に実現するという2択になりそうです。