入門・基礎知識

株式投資初心者の為の基礎知識 〜株ってなに?〜

株式投資の基本

株式投資と聞くと、難しそう・リスクが高そう・危険で怖いとイメージがありますよね。私も実際そう思っていました。

確かに損失を出してしまいお金が減るリスクはあります。ですが、株式投資は正しい知識を身に着けることで、初心者の方でもしっかりと利益を出すことが出来るのです。

このサイトではそんな同じ思いを持つ初心者のために、株式投資の実戦前の基本を簡単にまとめてみました。

株式投資とは

株式投資を始めるにあたり、まずは株について知っておきましょう。株とは、投資家にとっては会社のオーナーつまり所有者になれる権利の事です。分かりにくいでしょうか?

会社の経営には、多額のお金がかかりますよね。新しいサービスを始める時や会社を大きくしたいときなど理由は様々ですが、手元にあるお金だけで足りない場合があります。

そういった際にお金を調達するための手段として、自分の会社のオーナーになる権利を売るのです。会社は集めた資金で会社を大きくして、利益を出します。そしてこの利益はオーナーであるあなたに配当金という形で分配されるのです。これが株式投資の一連の流れです。

銀行預金と株式投資の違いは?

株式投資が少し身近に感じられましたか?株式は社会にとってなくてはならないほど身近にある物なのです。

しかし、それでも会社が倒産したりするリスクなどもあります。銀行に預けていたほうがいいのではないかと思われた方もいらっしゃるでしょう。では、銀行預金と株式の違いとは何でしょうか?それは、リスクとリターンの差です。

銀行預金は基本的に元本が保証されています。つまり、銀行に預けたお金は無くなりません。その代りに利回りつまり配当はほぼないため、お金は増えません。

一方株式は、預けたお金が無くなる可能性もあります。その代りに配当は大きくお金が増える可能性も高いのが特徴です。この両者を上手に使い分けるのが資産を増やすポイントです。

株価はなぜ上下するのか

先ほど株式に投資すると預けたお金が無くなる可能性もあるといいました。それはなぜでしょうか?これは、株価が上下することが大きく関わっているのです。株価とは、会社の今の価値を表します。この株価が上下することで預けた(投資した)お金の価値が変化するのです。

例を挙げるとトマトが豊作だったとしても買う人がいなければ、値段を下げないと売れませんよね?この時にトマトの価値は通常時の価値から低下することになります。逆に不作の場合は、買う人が多いのでトマトの価値は上がり値段が上がります。販売しているものは同じですが、状況によって価値は上下するのです。

株価の上下も基本的にこの理屈と同じです。この時の株価の上下の要因はその会社の業績で、業績の良し悪しによって株価は上下します。

 

株式投資で利益を得る

株式投資は株式が上下するからこそリスクもありますが、売買を繰り返すことにより

利益を得ることも出来るのです。では、どの様に株式投資で利益を得るのか詳しく説明していきますね。

キャピタルゲイン(値上がり益)

株式投資には積極的投資と安定的投資の2種類があります。この積極的投資は文字通り売買を行い利益を得る投資方法です。これは、主に株価が上昇した時に売って利益を得る方法です。

株式投資では、売買を行った際にその差額が利益になるのです。例えば100円で株を買った際に200円まで株価が上昇したとします。この時に自分の持っている株を売ると200-100円で100円の利益になるのです。

この利益を値上がり益(キャピタルゲイン)と言い、株式投資で得られる利益の一つです。

インカムゲイン(配当金)

インカムゲインとは、安定的投資法の一つです。この方法は、株式の売買を行わず長期間保有して配当金を受け取る投資方法です。

株式で利益を得る方法は主に売買かこの配当金になります。企業は業績によって、オーナーである株主に配当金という形で利益の一部を還元します。この配当金で儲けるのが、インカムゲインです。配当金の利回りは業績によりますが、銀行預金よりも利回りが多いため投資を行う人も多いのです。

インカムゲイン (株主優待)

近年出てきた投資方法として株主優待を目的とした投資を行う方もいらっしゃいます。株主優待とは、企業側が資金を集める一つの手段として、配当金とは別に保有している株券の枚数に応じてお土産をもらえる制度です。

内容は企業によって様々ですが、お米やギフトカード、優待券と呼ばれる割引券がもらえます。

少額でも出来る株式投資!株はバラでも買える!

通常株式は、会社にもよりますが100株を1単位として株式を公開しています。この時

に株価が1000円であったときは、購入金額は100万円必要です。少しハードルが高いですよね。

しかし、実は1万円単位から始めることが出来るミニ株という制度も存在します。これは通常は1001単位の所を1株単位で売買できる制度で、この制度のおかげで株式を身近に感じて始められる人も多いです。

無料で開設!まずは取引口座を準備しよう

ミニ株の登場などもあり、とても始めやすくなった株式投資ですが、実際に始めるにはもう一つステップが必要でそれは、証券会社に口座を解説することです。

銀行口座では株式の売買は出来ないため、新たに株式専用の口座を作る必要があるのです。作る時にもどこの会社も同じではなくそれぞれ特徴がありますのでご紹介します。

1 SBI証券

初心者の方に一番のオススメがSBI証券です。なんといっても証券会社の中でも利用者NO1の実力を誇り、その要因は取扱商品の多さと株式投資セミナーなどのサポートが非常に充実している点が人気になっています。

2 楽天証券

楽天証券は取引情報が非常に多彩な点と投資家に使いやすいトレードツールが魅力です。

プロによる相場解説や最新ニュースなど幅広く取り扱っていることが特徴です。楽天会員ならば口座開設も1分とかかりません。

3 カブドットコム証券

カブドットコム証券は、1株単位で株式が売買できるプチ株に、500円から積み立てて投資が出来るワンコイン積み立てが非常に人気です。まずは、知っている有名企業を1株単位で購入したいという方にお勧めです。

株式投資初心者の為の基礎知識 ~株ってなに?~のまとめ

株式投資は怖いイメージを持たれがちですが非常に身近なものでもあります。確かに、リスクもありますが銀行預金とはまたことなる魅力を持った資産の運用方法です。様々な始め方や利益を出す方法があるのも魅力的なポイントです。

近年では、1株単位での売買が出来るミニ株の登場や株主優待制度のおかげもあり、株式投資に興味を持つ方が増えています。銀行へ預けるとお金は減りませんが、あまり増えることもありません。

その代りにまずは1株単位、自分の好きな会社へ投資をして会社のオーナーになって自分のお金をさらに増やしてみませんか?