投資信託

インデックスファンドとは?初心者にもわかりやすく解説!

運用に関する話題でよく見かける「インデックスファンド」という言葉の意味は知っていますか?実は、これから投資を始める初心者の方におすすめなのが、インデックスファンドへの投資です。

ここでは、インデックスファンドの特徴をわかりやすく解説し、メリットとデメリットについてお伝えします。この記事を参考に、インデックスファンドへの投資を始めてみましょう。

インデックスファンドの特徴をわかりやすく解説

まずは、インデックスファンドの特徴を、大まかにご説明します。

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは、定められた指標と同じように価格が動く投資信託のことを指します。参考にする指標には、日経平均株価やTOPIXなどがあります。NYダウなど、海外の指標に連動する商品もあります。下記に示しているのは、日経平均の動きと、それに連動するインデックスファンドの動きです。実際の値動きとは異なるので、イメージで捉えてください。

インデックスファンドの種類

インデックスファンドには、参考にする指標によって様々な種類の商品が存在します。下記に、どのような指標に連動した商品があるのかを、一覧形式でご紹介します。ご紹介しているのは、ごく一部の指標で、他にも様々な種類の指標が存在します。

インデックスファンドのメリットとデメリットを、わかりやすく解説

次に、インデックスファンドのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット1:値動きが分かりやすい
メリット2:コストが安い

デメリット1:積極的な運用ができない
デメリット2:市場全体の動きに左右される

インデックスファンドのメリット

インデックスファンドのメリットには主に2つが挙げられます。値動きが分かりやすいことと、運用コストが安いことです。

メリット1:値動きが分かりやすい

インデックスファンドは、既に市場にある指標を参照するので、仕組みが理解しやすいのが特徴です。例えば、日経平均株価に連動する商品を購入した場合は、日々の日経平均株価の上がり下がりだけに気を配っていればよいのです。もちろん、他の商品と同じように、投資信託自体の基準価額を追うことでも値動きの把握ができます。

このようにインデックスファンドは、単純に、参照している指標が上がれば利益が発生するという点で、初心者でも安心して保有することができます。インデックスファンドを保有することで、毎日特定の指標の値動きを確認することになるので、相場観を鍛えるのに役立ちます。値動きを学んで相場観をつけることで、運用のスキルアップが図れるのです。

メリット2:コストが安い

インデックスファンドは、コストが安いことが特徴です。既に市場にある指標を参照するので、投資信託の運営にかかるコストが安く済むからです。全ての投資信託には、購入・保有・解約の際にかかる、それぞれ別の手数料が定められています。その中でもインデックスファンドは、他の投資信託に比べて3つの手数料とも割安に設定されています。中には、購入と解約の際に全く手数料がかからない商品もあります。

このようにインデックスファンドは、安いコストで持つことができるので、初心者でも安心して投資できると言えます。売買時に手数料がかからない商品を選ぶことで、相場が変化した時やどうしても資金が必要な時に、ストレスなく解約ができます。

インデックスファンドのデメリット

インデックスファンのデメリットには主に2つが挙げられます。積極的な運用ができないことと、市場全体の動きに左右されやすいことです。

デメリット1:積極的な運用ができない

インデックスファンドは、決められた指標に連動することのみを目指して運用されているため、それ以上の成果を出すことができません。指標に採用されていない穴場の銘柄へ投資するというような、リスクを取った積極的な運用ができないということです。

デメリット2:市場全体の動きに左右される

インデックスファンドは、指標に連動するため、成績がどうしても全体の相場状況に左右されます。全体が悪い時は、インデックスファンドも同じように悪くなります。相場の下落で市場全体が荒れた時に、利益が取りづらくなるのです。

インデックスファンドのわかりやすい解説まとめ

ここまで、インデックスファンドの特徴をわかりやすくお伝えし、メリットとデメリットについてご説明しました。インデックスファンドは、値動きが分かりやすく、安いコストで保有できるため、投資初心者におすすめです。これから投資を始める方は、是非インデックスファンドを購入して、相場観を身につけましょう。