入門・基礎知識

【初心者向け】株の売り方!株を売るためのルール

株の売買に興味があるけど、どうやって株を売買したらいいのかよくわからなくて不安ですよね。

この記事は、これから株を始める人に向けて「[keikou]株の売り方[/keikou]」について説明します。
株は持っている株が株価を上げても、利益確定しなければ本当に利益が出たことにはなりません。

まずはこの記事を読んで、株の売り方に関する最低限の基礎知識を付けてから取引を始めましょう。

株の売買の基礎知識を初心者向けに解説!

株を売買できる時間は平日の9:00~11:30と12:30~15:00

基本的に、株は平日の証券取引所が開いている時間に売買することができます。
日本では、株取引は平日だけ行われていて、土日や祝日は休みとなっています。

基本的には月曜日から金曜日の9:00~11:30が前場、12:30~15:00が後場とよばれています。

この時間帯のみ日本では株取引が行われます。昼休みもありますので気を付けておきましょう。

しかし、株取引は行えなくても、株の注文は24時間行うことができるようになっています。
そのため、日中に仕事をしている人も朝などに注文を出しておくことで取引が開始されたら株の売買が可能なのです。

株を売りたいときは「注文」を出す

基本的には株売買については単元株という株の売買単位ごとに行われます。そして、単元株は銘柄によって決まっているのです。

通常の個別銘柄であれば1単元株は100株か1000株となっている場合が多いといわれています。そして、銘柄の単元株数は証券会社の株価情報等を活用するとチェックすることができるようになっています。

そのため、最低単元株が100株となっている銘柄を、1株だけ売ったり買ったりすることはできません。
株を売りたいという時は注文を出します。

株の注文方法

株の注文方法には成行(なりゆき)注文指値(さしね)注文逆指値注文という方法があります。

成り行き注文は株の価格がいくらでもかまわないから約定をさせたいという時の注文方法で、その時の株価で売買が成立するという注文方法です。

指値注文は、希望の価格で約定をしたい時に用いる注文方法で、約定希望価格で注文を出します。
そして、株がその値段になったら売買成立になりますので、その値段にならなかったら注文成立しないという注文方法です。

逆指値注文はリスク回避を行う手段として活用することができる注文方法です。 保有株が急落すると損をしてしまうという時に、保険的に注文をだすことができます。
この逆指値注文を売りで行うと、例えば、120円で購入した株が急に値下がりしてしまったという時、110円に逆指値注文を出すことで自動的に損切りができるのです。せっかく購入した株も必ず上がる保証はありません。

そのような時に急落した場合に損失を抑え、大損しないようにしてくれるのが逆指値注文なのです。
株価は、いつでもネット上で価格を知ることができます。

株価を確認するには「板(いた)」を使おう

株価確認でよく利用されている板(いた)と呼ばれるボードがあります。
このボードに気配値が表示されています。

そして、左側の売り株数のところに売り気配が示されます。
ここにこの値段で売りたいという指値注文などが示されます。そして、右側のところに買い気配が示されます。それぞれの値段の指値注文がどれくらいあるのかが示されています。

スマホアプリが便利

インターネット証券で口座開設して、株のスマホアプリをダウンロードすると、とても便利になります。

板やチャートなどを手元のスマホからいつでもどこでも見ることができて、株の注文もすぐ簡単にできるのでとても便利なのです。

ネット証券の口座を開設しておくと、オンラインから取引できます。そのため、忙しいのに証券会社の窓口に行かなくても株を売れるのです。また、その手続きはとても簡単です。インターネットの証券会社から株を売る方法は、まず口座管理で売りたい銘柄を選びます。次に注文画面に必要事項を入力し、その後、注文確認を押すと完了です。

売り注文の出し方

ネット証券で株を売る場合には、自分で売り注文を出して取引が成立するのを待たなければなりません。
既に購入して保有している株式のことを現物と呼び、これを売却する行為を「現物取引」または「現物売り」と言います。

株を売りたい場合には、銘柄・数量と共に売値を決めておく必要があります。
株式の取引価格は常に変化しているので、その日の値幅の範囲内であれば投資家同士が自由に売買することができるからです。

値幅の範囲内で希望する売値を指定して株式を売却したい場合には、指値で売り注文を出すことができます。

指値の手続き方法は購入時と同じで、ネット証券会社を利用する場合は専用画面にログインして「現物取引」「現物売り」などの画面を開いてから銘柄・1株あたりの価格・数量を入力して注文を確定します。

もしもその価格で購入することを希望する人がいれば約定(やくじょう)が成立して、売りに出した株式が他の人の物になります。

[su_note note_color=”#fdfae0″]約定(やくじょう)とは…買いまたは売りの注文が執行されて売買が成立すること[/su_note]

口座の残高から売却した株式が消えて、代わりに売却代金が入金されます。
指値を指定して売り注文を出しても、その価格で購入を希望する人がいなければ取引は成立しません。

実際にその日に約定が成立したかどうかは、「当日約定一覧」画面を開いて確認することができます。
実際に取引が行われるのは平日の午前と午後の時間帯に限られますが、売り注文を出すタイミングは取引時間外でも可能です。

証券取引所の営業日の朝や前日の夜などに注文を出しておいて取引が成立するのを待つ方法もあり、平日の日中に別の仕事をしている方でも売買に参加することができます。

単純に希望する価格で自分が保有する株式を売りたい場合には、指値取引で売り注文を出します。
もしも今すぐに手持ちの株式を売却したい場合には、買い板を確認して一番高い買い注文の金額を指定して指値で売り注文を出す方法があります。

「成行注文」を利用すれば、その時の価格を確認しなくてもすぐに手持ちの株を時価で売却することができます。

ネット証券会社の取引画面では、取引の執行条件を指定して売り注文を出すことができるようになっています。指値や成行注文を出す際に、その日の前場または後場の最初の取引で約定が成立することを「寄付(よりつき)」と呼びます。

寄付を指定して指値で売り注文を出すと、その日の前場か後場の最初の取引で指定した値段で約定が成立しなければ、以後は取引が行われません。

成行で寄付を指定すると、前場または後場が始まって最初の取引で売買が行われます。 寄付の反対に、前場か後場の最後の取引またはその時に成立した価格のことを「引け」と呼びます。

引けを指定して指値で売り注文を出すと、前場か後場の最後の取引でのみ指値での取引が有効になります。引けを指定して成行注文を出すと、前場か後場が終了する間際の価格で取引が成立します。

当然のことですが、指値で売りを指定する場合、その価格で株式を買いたいと思う人がいなければ取引は成立しません。このため売り注文を出したとしても、何日間も取引が成立しないというケースも考えられます。

もしもその日の前場か後場で指値で指定した値段で売買が成立しなかった場合に、取引が終了する直前の価格で約定を成立させる方法を「指成注文」と呼びます。指成注文を指定して指値で売り注文を出しておけば、前場または後場が終了したら株式の売却が行われます。

ネット証券会社を利用する場合は自分で注文を出さなければなりませんが、執行条件を上手に活用することで希望する方法で取引を行うことができます。会社ごとに取引画面の構成は違いますが、基本的な用語と意味は同じです。ネット証券会社を利用すれば取引時間以外にも操作を行うことができるので、日中仕事をしていても取引ができます。

ネット証券は電話で質問も可能!

大手ネット証券には、コールセンターが用意されています。
口座開設でも、入金方法でも、疑問や質問にリアルタイムで対応してもらえます。

投資情報、業績や企業情報、決算情報など分析に適したツールが用意されています。

複雑な取引方法や内容に関しては、コールセンターで、個別の質問に答えてくれます。
数年前の取引価格なども10年程度証券会社で保管されるため、記録が曖昧な場合は聞くことができます。 また、損失が出た場合の損益通算方法や、配当が非課税になる方法、確定申告など、様々なサポートにも対応しています。

 

SBI証券 カスタマーサービスセンターは顧客満足度が高い!

SBI証券はカスタマーサービスにおいて、数々の賞を受賞しています。

  • HDI(ヘルプデスク協会)主催 「問合せ窓口格付け」2017年度で三つ星を獲得
  • 公益財団法人日本電信電話ユーザ協会主催「第21回企業電話応対コンテスト」7年連続「入賞」および「シルバーランク企業」認定!!
  • 公益財団法人日本電信電話ユーザ協会主催「電話対応コンクール」で入賞
  • リックテレコム主催 史上初の7年連続「最優秀部門賞」受賞!
  • 「コンタクトセンター・アワード2017」で「最優秀オペレーション部門賞」を受賞!
  • 一般社団法人 CRM協議会主催「2017 CRMベストプラクティス賞」を受賞
SBI証券は、取り扱っている金融商品も豊富で、手数料も安く初心者には持っておくべき証券会社です。