ドルコスト平均法とは?正しく理解して有効活用しよう

まゆこ
ドルコスト平均法って何ですか?
先輩
ドルコスト平均法は投資手法のひとつだよ

世の中には、実に様々な投資手法があります。
銘柄の選択から売買のタイミングまで本で紹介されていたり、独自で生み出す方もいます。

今回は、初心者でも安心して投資を続けられる、『ドルコスト平均法』というものを紹介していきます。

どんなタイミングで売買をしていいのか悩んでしまう投資初心者の方はしっかりと理解し投資に活用しましょう。

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは、毎月一定の金額ずつ投資信託などの金融商品を積立て購入していく手法のことです。

一定金額ずつ購入していくことで、金融商品の値段が下がっているときにはより多く購入できます。その結果、購入した金融商品が値上がりしたときに、より大きなリターンが得られるというわけです。

しかし、このドルコスト平均法にもメリット・デメリットがあります。

これから説明していきますので、内容を正しく理解して、有効活用してください。

ドルコスト平均法のメリット

一括買いの高値つかみを防げる

投資に回せる資金を一気に使ってしまった場合、買った直後からずるずると株価が下がり続けるということは珍しくありません。

ドルコスト平均法なら、残りの資金で来月買い付けるだけなので、平均取得単価も下がり、次の上昇を待てば良いのです。

感情に左右されずに買い向かえる

株や投資信託、債権などの金融商品は、年に数回の暴落、数年に一度は大暴落が起こります。実際には、そのときに恐れず買い向かえる人が大成功を収めるのですが、普通は暴落の恐怖で買うどころではありません。

しかし、定額を定期的に購入するドルコスト平均法なら、恐怖とは無縁です。

自分の感情に左右されず、どんな暴落が来ても淡々と買い付ければいいのですから。

ドルコスト平均法のデメリット

上がり続ける相場は苦手

時期を分散して買い付けていくため、一貫して上げ続ける相場では、非効率となってしまいます。平均取得単価が下げられず、購入できる数量も減ってしまうためです。

ですが、どんな相場にも下落局面はありますし、今後上げ続けるのかどうか正確に予測できる人はいません。

ですから、リスク管理の面で見るとやむをえないとも言えます。

投資可能対象が少ない

ドルコスト平均法は、個別株投資には向きません。購入最低価格が高くなる個別株では、一定金額で買い付けようとしても、いつも同じくらいの量しか買えないのです。

例えば毎月5万円の投資を考えている場合、5万円以下で1単元買える株が候補になりますが、この株を2単元買うためには、株の価格が当初の半分になる必要があります。

半値になるというのは、めったに起こることではなく現実的とはいえません。

そのため個別株では、下落局面でより多くの数量が買えるという、ドルコスト平均法のメリットを殺してしまうのです。

ドルコスト平均法が有効な投資法

個別株がドルコスト平均法に向かないことはわかりました。それではどの様な金融商品が有効なのでしょうか?

それは、投資信託やETF(上場投資信託)REITなど、1単元あたりの購入金額が小さいものです。

これらのような商品は、購入金額が小さくても十分に数量に反映されるため、同じ金額で定期的に購入しているだけで、有効な投資となります。

実際に有効な場面とは?

実際に市場が上下していく中で、ドルコスト平均法がどのように効果を発揮するのか紹介していきます。今回はよりわかりやすいように投資信託を例にして説明します。

まず基準価格が1万円の投資信託を毎月1万円ずつドルコスト平均法で積立投資するとします。

この投資信託が、1ヶ月目が1万円、2ヶ月目が8千円に下落、3ヶ月目が1万円に戻る、という値動きをしたとします。

すると、1ヶ月目は1万口買えます。そして、その後はそれぞれ、12500口、1万口、となります。つまり合計32500口となり、平均取得単価は9230円となります。

このように価格が1度下落して元に戻ってくるような場合、より多くの数量を買えるので、価格が戻った時に儲けが大きくなるのです。

ドルコスト平均法とは?正しく理解して有効活用しよう!のまとめ

初心者にとってメリットのあるドルコスト平均法ですが、ご紹介したように、デメリットもあります。しかし、初めての投資で、個別株投資や相場の予測をするのは難しいものです。

まずは、投資信託やETFで投資というものに慣れてみたい、という方にはこれ以上ないほどピッタリな投資手法です。

投資信託には、リスクを分散できる・暴落が来ても恐怖に負けることがない・値動きも比較的穏やか、という特徴があるので、投資のスタートに適していますよ。