入門・基礎知識

順張りの買いタイミング「押し目買い」「ナンピン買い」を知ろう

上昇トレンドで株を買う「順張り」

株式投資の買い方には、ハイリスク・ハイリターンな逆張りと一般的な買い方の順張りの2種類が存在します。順張りは逆張りと比べるとリスクも少なく株式投資初心者にもおすすめです。

順張りとは株価が上昇し始めたタイミングつまり上昇トレンドに入ってから株式を買う買い方のことを指します。株価のチャートを見ながら上昇傾向にある右肩上がりの銘柄を探すことして買うタイミングを見極めるのが重要です。

上値抵抗線を超えるタイミング「ブレイクアウト」

順張りのタイミングの基準として、「ブレイクアウト」というものがあります。相場が上昇傾向にあったとしても、ある水準まで株価が上昇したあとなかなか上がらなくなるタイミングがあります。

この時の価格帯のことを上値抵抗線と呼びます。しかし、しばらくするとこの抵抗線を抜けて再び上昇を始めます。

一度、上値抵抗線を抜けると、その後は勢いがついて上昇を続けていくパターンが多く、このタイミングで順張りを買うことが多いのです。この時に上値抵抗線を超えることをブレイクアウトと呼び、順張りの買うタイミングとして重要なポイントなので覚えておきましょう。

上昇トレンド中に一時的に下がるタイミングで買う「押し目買い」

順張りを買う上で覚えておききたい考え方のもう一つは「押し目買い」です。株価が上昇している中で、一時的に下がることを押し目と呼びます。この時を狙って株を購入することを押し目買いと呼びます。

株価は上昇トレンド中でも上がったり下がったりを繰り返しています。その下がったポイントでタイミングよく買い注文を出しましょう。

株の「買い増し」ナンピン買いとは

株価は上昇するだけでなく下落する可能性もあります。その中で、損失はなるべく出したくありませんよね。損失を最小限にするために損失の小さいうちに株を売ってしまうことをロスカットと言い一般的です。

しかし、資金に余裕があり株価の上昇の目星がついている場合は、「ナンピン買い」で損失を小さくする方法もあります。ナンピン買いは、保有している株が下落した場合、さらに追加して同じ銘柄の株を購入することで、取得単価の平均を下げる効果があります。

ナンピン買いのメリット・デメリット

ナンピン買いは平均の取得額を下げる効果がありますが、リスクも大きい投資手法です。ナンピン買いをするのはリスク計算をして、問題ない時にだけ行いましょう。

ナンピン買いのメリット

ナンピン買いのメリットは反発すれば大きな収益が得られることと安い時に株を購入することができることです。決して目的は取得単価を下げることではないので注意しましょう。

ナンピン買いのデメリット

ナンピン買いのデメリットは、リスクをとりすぎてしまい損した際に取り戻しが難しいことです。安易に株価が下がったらナンピン買いは危険ということです。株価が上がらなければ余計に損失は広がるため、資金に余裕のない時は辞めといたほうが無難でしょう。