特定口座と一般口座の違いとは?メリットとデメリット

投資で利益を上げるには、買値と売値の差で売却益を出すか、企業から配当金を貰うかの2つのパターンがあります。

ただ、この2つのパターンのどちらにも、利益には税金がかかってきます。株の税金の払い方は、自分で確定申告するか、源泉徴収で自動的に引かれるかのどちらかです。
どちらを選べば良いのか悩みますよね。

税金の払い方は、証券口座の種類が関係してくるので、今回はその口座の種類について解説していきます。

確定申告は面倒という方がいる一方で、節税のために確定申告したいという方もいます。自分に適した口座を選べるように、口座開設前にしっかり学んでおきましょう。

投資の利益には税金がかかる

株式投資で得た利益には税金がかかります。

税金の支払い方は、証券会社で口座を作る際、一般口座で作るか特定口座で作るか選択することになります。

一般口座で作るか、特定口座で作るかの選択によって、支払い方や手続きが変わってきます。

基本的に、初心者の方であれば特定口座がオススメです。その理由は確定申告などの手続きを証券会社が行ってくれるからです。それぞれの特徴やオススメできる理由を書いていくので、参考にしてください。

特定口座と一般口座の違い

一般口座

一般口座は自分で確定申告する必要がある口座です。確定申告するためには、年間取引報告書という複雑な報告書を作り、税金の計算をしなければなりません。

ですから、一般口座は初心者だけでなく、上級者でも使う人は少ないようです。ただ、一般口座では未上場の株式を扱える場合があります。このような少し特殊な需要はありますが、初心者には基本的に不要な口座です。

特定口座・源泉徴収なし

特定口座は、証券会社が年間取引報告書を作成してくれる口座です。その上で、税金の源泉徴収ありかなしかを選択できます。

源泉徴収なしを選択すると、確定申告が必要になります。ただし、面倒な書類の作成は証券会社が行ってくれるので、一般口座と比べるととても楽にできます。

特定口座・源泉徴収あり

特定口座で源泉徴収ありを選択すると、年間取引報告書の作成から税金の支払いまで、全て証券会社が行ってくれます。

開設されている証券口座の約8割が、この特定口座・源泉徴収ありの口座です。

初心者は特定口座が良い?その理由

特定口座のメリット

特定口座の1番のメリットは手間がかからないことです。 書類は証券会社が作ってくれますし、税金は、発生した時点で源泉徴収されます。初心者で会社勤めをされている方などは、自分で確定申告をする時間もありませんし、やり方を知らない方も多いと思います。

また、売却益と売却損、配当金と売却損の損益通算も自動でやってくれるので、『株を売買すること』以外の手間がほとんどかからないのです。

特定口座のデメリット

便利な特定口座ですが、デメリットもあります。

それは余分な税金を払ってしまう可能性があるということです。

一般的なサラリーマンであれば、株の売買益が20万円以下なら税金を払う必要はないのです。しかし源泉徴収ありの特定口座の場合、利益が出た時点で税金が引かれてしまうので、本来払う必要の無かった税金を支払う場合があるというわけです。

初心者に特定口座・源泉徴収ありがお勧めできる理由

特定口座・源泉徴収あり、がオススメできる理由は手間がかからないからです。

投資初心者の方は、口座の開設や銘柄の選定、株式の売買など初めてのことだらけです。

ただでさえ難しい用語が出てくる中で、実際私には確定申告までする余裕がありませんでした。

特定口座で源泉徴収ありなら、税金や損益通算のことなど考えずに投資に打ち込めるので、初心者の方には本当におススメです。

一般口座から特定口座への変更

また、現在一般口座で投資を始めてしまっている方も安心してください。一般口座から特定口座へは、いつでも変更可能です。

お使いの証券口座にログインし、特定口座の開設、のようなページへ進み、必要事項を記入・本人確認書類の提出を行えば簡単に変更することができます。

ただし、すでに一般口座です保有している金融商品を特定口座に移すことは基本的にできないので注意してください。

特定口座と一般口座の違いとは?メリットとデメリットのまとめ

証券口座には特定口座と一般口座の2つがあります。通常の株式を売買するなら一般口座は不要で、特定口座を開設すべきです。

この2つの違いは税金の支払い方法で、特定口座なら税金の支払いや確定申告が楽に行えます。中でも源泉徴収ありの特定口座は、ほとんど何の手間もかからずに投資ができます。

投資に多くの時間を割けない方や、確定申告などわからない初心者の方は、「特定口座の源泉徴収あり」を選んでおきましょう。